top of page

厚生労働省が定めている企業のストレスチェック制度について

厚生労働省が定めている企業のストレスチェック制度は、労働者の心の健康を保護し、労働環境の改善を図ることを目的としています。以下に、この制度の主なポイントを述べます。


1. 背景:

- 労働者のメンタルヘルス問題は増加傾向にあり、労働者の心の健康を保護するための取り組みが求められていました。

- これを受けて、2015年に「労働安全衛生法」が改正され、ストレスチェック制度が導入されました。


2. 制度の内容:

- 50人以上の常時雇用労働者を有する事業主は、年1回、労働者に対してストレスチェックを実施することが義務付けられています。

- ストレスチェックは、匿名で行われ、結果は個人が確認できる形で提供される。

- 高いストレスが認められる労働者には、医師の面談を受けることが推奨される。


3. 目的:

- 労働者一人ひとりが自身の心の健康状態を知ることができる。

- 事業主は、職場全体のストレスの状況を把握し、それを基に労働環境の改善策を検討することができる。


4. 職場の取り組み:

- 事業主は、ストレスチェックの結果を基に、労働環境の改善を図るための措置を講じることが求められる。

- 具体的な改善策は、労働者の健康状態や職場の状況に応じて決定される。


5. 注意点:

- ストレスチェック制度は、労働者のプライバシーを尊重するためのルールが設けられている。具体的には、チェックの結果は匿名化されて集計・分析され、個人を特定する形での利用は禁止されている。


このように、ストレスチェック制度は、労働者のメンタルヘルスの保護と職場環境の改善を目指すものであり、事業主と労働者双方がその意義を理解し、適切に取り組むことが求められています。




合同会社ForDiLのロゴ









閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page